お知らせ

お知らせ、学術研修会や県民公開講座の記録など

トップページ > お知らせ

受領委任制度のご案内

2018.07.04(水)

こちらをクリックすると受領委任制度チラシが大きく見えます

受領委任制度

平成30年9月2日(日)県民公開講座「がん患者が語る落語」と落語

2018.07.02(月)

「がん患者が語る落語」と落語

 

【日 時】 平成30年9月2日(日)

 

【場 所】 千葉市民会館 (小ホール)

 

 

 10:30~12:45 鍼・マッサージ無料体験(当日先着約60名分)

 

 13:15~14:45 県民公開講座 落語(入船亭扇海さん)

          「がん患者が語る落語」と落語(演目:紙屑屋)

 

【入船亭扇海さんプロフィール】

入船亭扇海(いりふねてい せんかい)

1952年3月22日生 東京都足立区梅田出身

プロのジャズバンドのベーシストから

小沢昭一主宰の「芸能座」研究生を経て

1976年9代目入船亭扇橋に入門

1993年真打

NEC,セコム等のCMにも出演

2011年千葉県勝浦市に「勝浦らくご館」をオープン

落語協会会員

落語と農業で落農家を目指していたが

2010年に膵臓ガンの手術後虚血性心疾患、肝臓への転移他で断念

勝浦での地域貢献を、残された人生にできる範囲内で努力する

県民公開講座鍼灸マッサージ祭2018

平成30年度 厚生労働大臣免許保有証 申請について

2018.07.02(月)

「厚生労働大臣免許保有証」とは、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師免許証」をお持ちの方が、免許を保有していることを示すための携帯用カードです。

(免許証に代わるものではありません。

保健所での施術所開設手続き等では使用出来ません。)

 

受療者が国家資格者と無資格者を判別できるよう、

すべての国家資格者が「免許保有証」のネームプレートを着用し

施術をしましょう。

 

 

【交付申請手続き】

 「あはき等法推進協議会(構成7団体)」を経由して申請手続きをします。

    ★(公社)全日本鍼灸マッサージ師会(各都道府県師会)⇦当会です

    ★(公社)日本鍼灸師会

    ★(公社)日本あん摩マッサージ指圧師会

    ★(福)日本盲人会連合

    ★(公社)全国病院理学療法協会

    ★(公社)東洋療法学校協会

    ★ 日本理療科教員連盟

 

【申請・交付スケジュール】

 平成30年度

  7月1日~8月31日   関係団体(地方支部)での申請受付 (当会での受付期間)

  9月1日~10月31日   関係団体(本部・地方支部)での書類確認等手続き

  11月1日~1月31日   東洋療法研修試験財団での書類確認、保有証処理

  3月下旬ごろまでに   申請者のお手元へ到着予定

 

【発行手数料】

  4,000円(消費税含む)※当会 会員は2,000円

 

【発行に必要な書類】

 1. 申請書

 https://skmsys.oitsk.jp/houser 左記サイトよりダウンロードできます)     

 

 2. 写真2枚(45mm×35mmのパスポートサイズ)

 3. 本人確認用資料(原本とコピー)

     (運転免許証、写真付き住基カード、パスポート等)

 4. 住民票(本籍地記載で発行から6ヶ月以内のもの)

 5. 申請する免許のコピー

 6. 免許保有証送付用封筒(392円の切手貼付)

 

※申請に必要なものチェックシート 05_sinsei_check

 

※当会会員以外のお申込みは、ご本人確認のため

    直接ご来所頂く必要がございます。(郵送提出不可)

    (事務所営業日・営業時間 平日:月~金 10:00~17:00)

 

 

免許保有証サンプル 

card

 

 ※(公社)東洋療法試験財団が発行します。

 ※大きさはクレジットカード大、顔写真入りです。

 ※有効期間は発行日より5年間です。(5年後更新)

 ※複数免許がある場合でも保有証は1枚の発行となります。

 ※新規申請書類の受付・発行は年1回です。

 

保有証申請に関する問い合わせは

☎043-301-3489 

(公社)千葉県鍼灸マッサージ師会 事務局まで

 

 

【申請にあたっての注意事項】

1.免許証を紛失している場合は、再交付が必要です。

2.免許証の紛失や登録事項(氏名、本籍地等)に変更がある場合、

 交付申請書の受付が出来ませんので、再交付や変更手続きが必要です。

   ★上記内容の問合せは(公財)東洋療法研修試験財団へ ☎03-3431-8771

 

+++++
(公財)東洋療法研修試験財団より

「施術者の皆様へ」
http://www.ahaki.or.jp/doc4.pdf

※患者様用としては下記HPとなります。
「あん摩マッサージ指圧、はり、きゅうをうける皆様へ」
http://www.ahaki.or.jp/leaflet4.pdf
+++++

 

 

 

療養費保険研修会のお知らせ

2018.06.15(金)

 

療養費保険研修会のお知らせ

  

10月から変更される同意書様式や療養費保険について、

平成311月から導入される受領委任制度について研修会を行います。

地方厚生局に提出する書類の書き方などご説明いたします。(9/16と10/5の回)

 療養費保険を取り扱われる先生方はぜひご出席ください。

  

 

  【日時】

    ①平成30824日(金) 18002000

 

     ・受領委任契約について、「受領委任の取扱規定」の確認

 

    ②平成30916日(日) 13001500

 

     ・「受領委任の取扱規定」の確認、受領委任契約の申請について

 

    ③平成30年105日(金) 18:002000

 

     ・「受領委任の取扱規定」の確認、受領委任契約の申請について

 

    ④平成301118日(日) 10001200

 

      ・平成31年1月からの受領委任制度の実施について(予定)

 

 【場所】 千葉県鍼灸マッサージ協同組合 研修室

        千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

 

 【受講費】会員:2,000円 一般:5,000円 各回定員60名

 

※お申し込みは千葉県鍼灸マッサージ協同組合まで

TEL:043-301-3489

FAX:043-301-3499

H30年7月29日(日)第1回学術研修会

2018.05.30(水)

第1回学術研修会のお知らせ

 

【日 時】 平成30年7月29日(日)10:00~16:30

【場 所】 県師会事務所 研修室     

       千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

 

<午前の部>

【時 間】 10:00~12:00

【演 題】 神経内科領域における鍼灸マッサージの実際

【講 師】 鳥海 春樹 先生 

      湘南慶育病院鍼灸科部長 医学博士

                 慶応義塾大学病院漢方医学センター非常勤講師(鍼灸外来担当)

 

【要 旨】 神経内科領域疾患には、有効な薬剤が少ないと言われる。これは根本的な原因として、血液脳関門の向こう側にあるニューロンには、血流経由で薬剤を到達させることが困難な事による。つまり神経内科疾患の治療には、構造的な問題として経口薬剤以外の治療法が切実に求められている。鍼灸は、局所の体性感覚刺激を複合的に組み合わせた物理療法であり、経験的に(それも数千年に亘る)神経疾患はじめ殆どの診療科の疾患に対して有効性が知られている。その中でも慢性疼痛や、それにより引き起こされるより高位の中枢神経系の機能障害(睡眠障害や鬱)、そして更に引き続く末梢自律神経系の機能障害(便の不調やのぼせ、冷えなど)は、原理的にも鍼灸が最も適合する症候であり、これは同時に神経内科はじめ精神科など、神経に係る全ての診療科が手をこまねく症候でもある。ここに、地域医療において、各科と連携した機能的な鍼灸活用が求められている論拠がある。本講座では、慶應義塾大学病院および関連病院鍼灸科における鍼灸併用の実際について、特に神経疾患を中心に御紹介する。

 

<午後の部>

【時 間】 13:00~16:30

【演 題 ①】鍼灸マッサージ師のための神経生理学と精神神経疾患

【演 題 ②】鍼灸マッサージ師のための痛みの神経生理学

【講 師】 後藤 秀機 先生

      サイエンスライター 医学博士

 

【演題① 要 旨】 神経生理学の近代的研究では、カエルなど各種の動物を使い、現代はヒトの中枢機能まで挑戦できるようになっている。鍼灸マッサージのエピソードも加え、神経生理学の歴史をたどる。さまざまな精神病、パーキンソン病、アルツハイマー病との関りと、将来の展望をも講義する。

【演題② 要 旨】人類は、長い歴史の中で様々な痛みのメカニズムを解明し、それらに対する各種の鎮痛薬も開発利用してきた。末梢の痛覚神経に対しては、このようにして戦略的戦術的に大きな成功を収めてきたが、痛みの中枢機序に関しては未開の原野が残されている。臨床すなわち日常生活の医療現場と関連付けながら、そんな痛みの歴史、現状そして展望を概観する。

 

【交通機関】京成千葉中央駅から徒歩5分 JR千葉駅から徒歩12分

      JR本千葉駅から徒歩12分

 

【費  用】資料代 2,000円 

               

                                             

※参加対象:鍼灸・按摩マッサージ指圧師、および養成校学生

 

※公益社団法人全日本鍼灸学会C認定講座共催研修会として

  学会認定ポイント 1点×3講座 合計3点

 

※視覚障害者の先生で誘導ご希望の方は申込み時にご相談ください。

 

※参加につきましては県師会事務所に7月26日(木)までにお電話又はFAXください。H30.7.29研修会申込書

 

電話:043-301-3489 FAX:043-301-3499

このページの上部へ