お知らせ

お知らせ、学術研修会や県民公開講座の記録など

トップページ > お知らせ

(公社)国際医療技術財団 鍼灸クラウドファウンディング ご支援のお願い

2019.01.13(日)

(公社)国際医療技術財団

鍼灸クラウドファウンディング ご支援のお願い

 

鍼灸デモンストレーションinベトナム

2019年2月21日(首都ハノイ)

 

 このたび日本独自の鍼灸でベトナム社会をよくするための

クラウドファウンディング(募金活動)を

1月11日(金)からインターネット上で開始いたします。(2月28日まで)

 

https://camp-fire.jp/projects/view/100671

 

ベトナムで子どもやお年寄りを助ける日本のはり・きゅうの普及を目指しています。

5,000円から30,000円まで支援可能です。

ぜひ社会をよくするためご支援よろしくお願いします。

鍼灸クラウドファンディング支援の案内

 

平成31年3月3日(日)第2回学術研修会

2018.12.10(月)

第2回学術研修会

雛祭り・耳の日に学ぶ鍼灸マッサージ師のための講座

  

                     

【日 時】平成31年3月3日(日)10:00~16:30

 

【場 所】県師会事務所 研修室

     千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

     TEL:043-301-3489 FAX:043-301-3499

 

【参加費】2,000円  申込はコチラから

 

【参加対象】鍼灸・按摩マッサージ指圧師、医療・福祉関係の国家資格者及びその学生

 

(公社)全日本鍼灸学会C認定講座(ポイント3点)

 

<午前の部>

【時 間】 10:00~12:00

【演 題】 バズセッション「不妊症」から見える現実

【講 師】 元吉正幸 当会学術部長、百合会幹事長

 

【要 旨】バズセッションとはお互いの自由意見を批判なく聞き、知識の連結により、情報の共有、新しい発想を生みだす会議方法です。今回は、過去3回のバズセッションの中で得られた成果をお話しし、参加者と「不妊症」の現実と鍼灸マッサージ師のための不妊症の対応を考えていきたい。またバズセッションに参加していただいた、鍼灸師で助産婦、病院勤務の山野晴美先生と鍼灸マッサージ師、社会福祉士として開業の小田良実先生に指定発言をいただき、それぞれの立場から、不妊症の課題、また有効な鍼灸マッサージの方法を探求していきます。

 

<午後の部>

【時 間】 13:00~16:30

【講演1】「頭痛・めまい・しびれの臨床」病態生理学的アプローチ

【講演2】 高次機能がよくわかる「脳のしくみとそのみかた」

【講 師】 植村研一:浜松医科大学名誉教授、日本医学英語教育学会理事長

 

【要 旨】名著「頭痛・めまい・しびれの臨床」の著者である植村研一先生をお迎えし、鍼灸マッサージ師のためのプライマリーケア、速やかな医療連携、医療先行の重要性をお話しいただきます。また耳の日ということで「耳鳴り」についてもお話しいただき、鍼灸マッサージ師とためになるお話をいただきます。

講演2としては植村先生の新刊「脳のしくみとそのみかた」の内容で、大脳生理学者としての視点と長年の臨床経験からの脳のしくみを、わかりやすく解説していただき、鍼灸マッサージ師の適応を考えたいと思います。

平成31年1月27日(日)スキルアップ研修会「最新、最強のスポーツマッサージ」広橋憲子先生

2018.11.15(木)

スキルアップ研修

 

『最新、最強のスポーツマッサージ』

~ディープティシュー、深部筋テクニックをまじえて

 

 

【講師】 広橋憲子先生

 

【日時】 平成31年1月27日(日)13~16時

                                                       

【会場】 千葉県鍼灸マッサージ師会研修室

                  千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

      TEL:043-301-3489 FAX:043-301-3499

 

【費用】 会員・学生3,000円 一般4,000円

 

【定員】 30名  ※定員に達し次第締切   お申し込みはコチラから

          

 

【プロフィール】  国立大学法人 筑波技術大学非常勤講師(マッサージ担当)、
北京、ロンドン両オリンピック帯同トレーナー(競泳日本代表チーム)。
マッサージや手技療法を、ドイツ、英国、スウェーデンなどで学ぶ。
学会発表多数 著作に、「スウェーデンマッサージ入門」
「ディープティシュー マッサージ」 医道の日本社)がある

平成30年12月9日スキルアップ研修会 「深谷灸法に学ぶ効かせる灸治療」福島哲也先生

2018.09.27(木)

スキルアップ研修

 

「深谷灸法に学ぶ効かせる灸治療」

 

 

【講師】福島 哲也 先生

 

【日時】平成30年12月9日(日)13~16時

                                                       

【会場】千葉県鍼灸マッサージ師会研修室

          千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

                 TEL:043-301-3489 FAX:043-301-3499

                                            

【費用】会員・学生3,000円 一般4,000円 12/9スキルアップ研修会申込はコチラから

 

【定員】 30名  ※定員に達し次第締切

 

灸点ペンを持っている方は持参をお願いします。

※実技があるため背中が出せる服装でご参加ください。

 

深谷灸法とは、昭和の名灸師・深谷伊三郎が、四十有余年の臨床体験の中から醸し出すようにして築かれた灸法の要道である。

深谷灸法は、排他的で一人よがりな考え方を排して、経験の深浅に関係なく広く治験や意見に耳を傾け、殊に、古くから民間に伝わる灸法を大切に取り入れてきた。

又、古典・名著と呼ばれる医籍や先賢の諸説を尊奉すると同時に、それらを教条的に盲信することなく、臨床経験を通して確認され認識された灸療をモットーとしている。

そして、この灸法は常に新しい施術を開拓し、発展させる普遍性をもった療法である。

 

【講義】 ・灸法の基本十項

                    ①経穴は効くものではなく、効かすものである。

                     ②成書の経穴部位は方角を示すのみ。

                    ③経穴は移動する。

                     ④名穴を駆使して効果を挙げよ。

                    ⑤少穴で効果を挙げるべきである。

                    ⑥反応の無い穴は効き目が少ない。(効き目の出ないものは出すようにする。

                    ⑦そこが悪いからと、そこへすえても効果は無い。

                     ⑧名穴であっても、ただそれだけに効くのではない。

                     ⑨灸炷の大小壮数は患者の体質に合わせよ。

                          (熱くないところは熱くなるまですえる。)

                    ⑩経穴は手際よく取穴せよ。

          ・お灸は掛け算

                    ①効かせるための選穴・取穴法

                    ②効かせるための施灸テクニック

【実技】

 ・デモンストレーション             ・受講者同士での実習

                ①選穴・取穴の実際         基本となる肩甲骨間部の取穴法

     ②施灸の実際

 

【プロフィール】

略歴:

1965年:千葉県に生まれ

1988年:日本鍼灸理療専門学校(花田学園)本科卒業

あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師 免許取得

2002年~:東京医療専門学校 鍼灸マッサージ教員養成科 非常勤講師

2006年~:神奈川衛生学園専門学校 非常勤講師

2016年~:慶応義塾大学SFC研究所 所員

2017年~:(医療法人社団)健育会 石川島記念病院 鍼灸外来

2017年~:(医療法人社団)健育会 湘南慶育病院 鍼灸科

 

研究会・学会など:

・灸法臨床研究会、東京九鍼研究会、臨床家育成会 講師

・日本伝統鍼灸学会、日本刺絡学会 会員

 

著書など

・『深谷灸法による病気別症候別灸治療―患者のからだに聞け―』(緑書房)

・DVD『深谷灸法実践講座―基本テクニックから治療の実際まで―』(緑書房)

・『灸療閑話―迷灸師のベッドサイドストーリー』(ヒューマンワールド)

・『ビジュアルでわかる九鍼実技解説』(緑書房)※共著

・現在、「週刊あはきワールド(メルマガ)」にて、『Let’sはりきゅう遊学』を月1回連載中

その他

・2006年~2011年:毎年、New England School of Acupuncture(アメリカ・ボストン)の鍼灸学校で鍼灸セミナーをおこなう。

・2013年、2015年、2017年:スペイン(バルセロナ)でSeminario Internacional Okyu (お灸のワークショップ)の講師をつとめる。

・2017年:アメリカ(ボストン)で小児鍼のワークショップをおこなう。

・2017年:第5回国際灸法大会で講演発表。

・国内での講演、セミナーなど多数。H30.12.9スキルアップ研修会

平成30年10月28日(日)スキルアップ研修会 「コンディショニングとしての鍼治療」妻木充法先生

2018.09.25(火)

 スキルアップ研修

 

『コンディショニングとしての鍼治療』

〜円皮鍼と豪鍼を活かす
 

サッカー選手や外国人アスリートへの鍼治療の経験から、

コンディショニングやケガからのリコンディショニングの鍼治療を実演し

用いている技術を実習します。

                  
 
【講師】妻木充法 先生

【演題】円皮鍼を活かした鍼治療は、どうして生まれたか?
【日時】平成30年10月28日(日)13~16時 受付12:30~
【会場】千葉県鍼灸マッサージ師会 研修室
【費用】会員・学生3,000円、一般4,000円  ※学生の方は実技は見学のみ
【定員】30名  ※定員に達し次第締切
【申込み】千葉県鍼灸マッサージ協同組合 10/28研修会申込はコチラから
     TEL:043-301-3489 FAX:043-301-3499
     
               ※手足(肘、膝)が出せる動きやすい服装でお願いします。    
【実技】
1)治療前後での効果の見方:SLR、仙腸関節、股関節
2)鍼灸師のためのバイデジタルOリングテスト
3)円皮鍼と豪鍼の使い方

 

【実演】臨床の実際
  
【プロフィール】
医学博士、はり師、きゅう師、日本体育協会公認アスレティックトレーナーマスター、東京メディカル・スポーツ専門学校名誉校長

ロンドンオリンピック、FIFAワールドカッップのサッカー国際大会に多数帯同。FIFA RAP(国際サッカー連盟レフェリーアシスタントプロジェクト)においても、メディカル部門で日本で唯一のトレーナーとして選出されるなど、世界トップレベルで活躍しているトレーナーのひとりです。H30.10.28スキルアップ研修会

このページの上部へ