お知らせ

お知らせ、学術研修会や県民公開講座の記録など

トップページ > お知らせ

適正な医療保険の取扱いについて

2017.01.25(水)

 

適正な医療保険の取扱いについて

 

公益社団法人 全日本鍼灸マッサージ師会

 

●平成29年1月19日の報道につきまして

 平成29年1月19日の各種朝刊におきまして、社会保障審議会医療保険部会あん摩マッサージ指圧、はり・きゅう療養費検討専門委員会(以後:検討専門委員会)の場で、鍼灸マッサージの医療保険における不正請求が2005年以降、9億5千万円に上るという報告があったとの報道がなされました。

 まずは国民の皆さまに対し、鍼灸マッサージ療養費の件において大変なご心配をおかけいたしました事を心よりお詫び申し上げます。

 私たち(公社)全日本鍼灸マッサージ師会ではかねてより、伝統的で副作用の少ない優れた東洋医学である鍼灸あん摩指圧療法、リハビリテーションの一環としてのマッサージ療法につて、健康保険を用いて施術を受けられる事が国民の皆さまにとっての利益になると考えてこれを推進して参りました。その一方で、限りある社会資源としての健康保険財源を適切に使用していかなければならないという観点から、不正撲滅・適正化に向けての自主的な取り組みを行うと共に国に対しての制度整備を長年にわたり訴えてまいりました。

 前述の専門検討委員会においても本会からも委員を選出し、①患者さまの利便性の確保、②早急な不正防止策策定の両立のための提言を行っております。

 一部の不正行為を行う業者のために、必要な施術を必要な患者さまにご提供できなくなることのないよう、責任ある公益社団法人として制度改正を訴え続けてまいります。

 

●本会の取り組みについて

本会では各県師会を通じて、以下のような取り組みを行い療養費の適正な取扱いに努めております。

 

 ①適正な保険取扱いのための会員に対する説明会の実施

 ②各会員が行う保険請求に対して不正や不適切な取扱いが無いか審査会や指導会の実施

 ③行政や保険者との適正な取扱いのための意見交換

 ④良質な施術を提供するための研修会の実施

 

適正な医療保険の取扱いについて

 

 

平成29年2月26日(日)第2回学術研修会

2016.12.06(火)

第2回学術研修会のお知らせ

 

師走の候、会員の先生におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。

さて、この度平成28年度第2回学術研修会を下記の要綱で開催いたします。

ご多忙中のこととは存じますが、多くの先生方にご参加いただきたく

ご案内申し上げます。

 

                     記

 

【日 時】平成29年2月26日(日)10:00~16:00

【場 所】県師会事務所 研修室

     千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

 

【時 間】10:00~12:00

【演 題】腰・下肢痛のあはき治療 『診たてと鑑別・治療法』

【講 師】元吉正幸 当会学術部長、日本鍼灸神経科学会副会長

          日本臨床動作学会臨床動作士

 

【抄録】腰痛・坐骨神経痛・腰部脊柱管狭窄症は観血的治療法が第一選択でない場合は、あはき治療が保存療法として選択されるが、そこには、あはき治療が適応するという診たてと、不適応症の鑑別、根拠に基づいた方法によらなければならない、また日々の臨床の中で経過観察とあはき治療が有効であるという、客観的評価をするということが重要であるが、今回は、経過観察に役立つ現病歴の聴取、現在の医療の水準の理解の上にあはき治療が第一選択した根拠、信頼のおける徒手検査法、VASなどの愁訴評価の方法に加え、最近話題の神経障害性疼痛のついての知見、また心因性の腰痛についてなどは、心理療法である臨床動作法の実際を供覧する。盛りだくさんな内容ではあるが、臨床では患者にどのように伝えるかどのように応用するかが重要なので、わかりやすい説明と基本的実技を行う。

 

【時 間】13:00~16:00

【演 題】『認知症の人に対する、あはき治療の実際と可能性』

【講 師】兵頭 明先生 (学)後藤学園中医学研研究所所長

            (一社)老人病研究会常務理事

 

【抄録】平成26年度文科省委託事業において後藤学園が全国1741の市区町村に対して行った認知症対策アンケート調査結果(有効回収率49)によると、約50%の地方自治体が認知症対策における鍼灸治療に期待を寄せていることがわかりました。この時代的ニーズ、社会的ニーズに応えるために()後藤学園中医学研究所は、(一社)老人病研究会に協力しながら平成2811月までに医療・介護連携による認知症Gold-QPD育成講座を合計8回開催し、現在までに約150名の認知症専門鍼灸師を育成し、認知症の人とそのご家族のサポートを行っております。ここでは在宅、高齢者入居施設、通所介護施設、グループホームなどでの取り組み実績の一部と実技をご紹介させていただき、今後の様々な連携の中での認知症の人に対する、あはき治療の可能性を一緒に探ってまいりたいと思っております。

 

【交通機関】京成千葉中央駅から徒歩5分

      JR千葉駅から徒歩12分 JR本千葉駅から徒歩12分

 

【費  用】資料代 1,000円 弁当代 600円 飲み物(緑茶)100円

               ※お弁当が必要な方は参加申込み時にご注文ください。

 

※参加対象:有資格者および学生

 

※公益社団法人全日本鍼灸学会C認定講座共催研修会として学会認定2ポイント

 

※視覚障害者の先生で誘導ご希望の方は申込み時にご相談ください。

 

※参加につきましては県師会事務所に平成29年2月20日(火)までに

                          お電話又はFAXください。

 

電話:043-301-3489 FAX:043-301-3499

お問い合わせ:元吉携帯 090-8052-8459

東葛地区研修会

2016.11.29(火)

東葛地区研修会

                                                                                              

 

『全身の連動から読み解く腰下肢痛』

オリンピックトレーナーの経験から考える鍼灸マッサージ師に伝えたい話

 

 【日時】  平成28年12月18日(日) 15:15~17:45 受付15:00~

 

【講師】  吉田 一祐 先生 (公財)日本オリンピック委員会 医科学強化スタッフ 

                オリンピック競技会公式トレーナー(トライアスロン)

                参加オリンピック:シドニー・アテネ・北京

                                ロンドン・リオ

                

 

 【会場】  パレット柏 04-7157-0280

         柏市柏1丁目7番1-301号

         JR常磐線柏駅より徒歩3分パレット柏地図

 

 

 

 【参加費】  会員:無料 一般:2,000円

 

 

講座内容

 

オリンピック公式トレーナーとして

5大会連続アスリートを支えてこられた吉田先生による講義。

痛みの箇所だけでなく、腰下肢のトラブルを全身の連動から読み解きます。

先生による講義、実技の他に受講生が参加するグループワークを予定しています。

写真1写真2写真3

 

 

【申込先】

東葛地区鍼灸マッサージ師会

TEL:090-3210-1429(担当:染谷) FAX:04-7152-9921

1/22(日)スキルアップ研修会

2016.11.21(月)

スキルアップ研修会のご案内

                                                                                              

 

『鍼灸あマ指師のための美顔・美ボディワークアウト』

 

 【日時】  平成29年1月22日(日) 13:00~16:00

 

 【会場】  千葉県鍼灸マッサージ師会 事務所

         千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

 

 【講師】  木村 祐介 先生  PERSONAL FACE TRAINER

                日本体育協会公認アスレティックトレーナー

                柔道整復師

                

 

 【費用】  会員・学生2,000円、会員外3,000円

 

 【定員】  30名   1/18(水)締切

 

「ファンクショナル・ビューティ(機能的な美しさ)」を永遠の追及のテーマに掲げ、

身体が本来持っている運動力学や機能解剖学を基にし、

美と健康に特化したオリジナルメソッドを考案。

現在日本で唯一の「PARSONAL FACE TRAINER」として都内を中心に活動している。

トップモデルや役者、デザイナーなど美の探求者の方々からも常に高い評価を得ており、

リピーターも多く、撮影前のコンディショニングには欠かせない存在となっている。

現在は六本木ミッドタウンに隣接する「NATURE BODY HOUSE」にて、

「美顔ワークアウト」というパーソナルセッションを中心に活動している。

 

 

講座内容

 

パーソナルフェイストレーナー木村祐介氏が提案する、

各業界トップランナーと接する中で養われた美容と健康のために必要な、

ある一つの視点と感性と見立て

 

1.木村祐介のルーツと考え方

2.顔と身体との繋がりに対する考え方

3.すぐに役立つクラニオ(頭蓋骨)アプローチ

4.顔と身体の繋がりを考えた顔のエクササイズ

5.美容鍼とトレーナー的視点の融合

 

 

【申込先】

(公社)千葉県鍼灸マッサージ師会 事務局(平日10:00~17:00)

TEL:043-301-3489 FAX:043-301-3499

 

スキルアップ研修会

2016.10.12(水)

スキルアップ研修会のご案内

                                                                                              

 

『皮膚疾患と灸法』

 

 【日時】  平成28年12月4日(日) 13:00~16:00

 

 【会場】  千葉県鍼灸マッサージ師会 事務所

         千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

 

 【講師】  岡田 明三 先生  神宮前鍼療所 院長

                経絡治療学会 会長

                東京医療専門学校 教員養成科講師

                東洋鍼灸専門学校 講師

                東京有明医療大学 非常勤講師

 

 【演題】  『皮膚疾患と灸法』

 

 【費用】  会員・学生2,000円、非会員3,000円

 

 

講座内容

 

灸は艾を使用するものであるが、近年艾を使用しないで灸と称しているものもある。

それらは灸の温熱刺激のみを取り上げているにすぎず、艾の成分を使用しているわけでは

ない。ですから灸と称することはできないと考える。

今回は鍼灸師だからこそ出来る艾製品、本物の灸を使う皮膚疾患の治療を行う。

 

鍼灸院で扱う皮膚疾患はアトピー性皮膚炎が多いが、その他、汗疹、水虫、カンジダ性

皮膚疾患、イボ、魚の目、ニキビ、シミなど多くの疾患がある。皮膚科の本を見ると炎症は

ステロイド剤、感染症は抗生剤、イボは液体窒素など治療に使われるものは限られている。

そのうちの多くは灸の温熱効果で治療ができる。

灸は温度調節によりタンパク変性をさせることができる。また灸の熱を間接的に与えて

雑菌を減らす効果もある。

 

灸法には直接灸と間接灸がある。当日は透熱灸でイボや魚の目を焼灼する治療法、棒灸

を使い殺菌をする治療法を公開する。

できれば参加者とワークショップをしたい。

 

※当日実技モデル募集※

イボやホクロ、魚の目、水虫、その他気になる皮膚疾患の方

参加申込み時ににお伝えください 

 

 

【申込先】

(公社)千葉県鍼灸マッサージ師会 事務局(平日10:00~17:00)

TEL:043-301-3489 FAX:043-301-3499

スキルアップ研修会12/4

 

 

 

このページの上部へ