お知らせ

お知らせ、学術研修会や県民公開講座の記録など

トップページ > お知らせ > 平成30年6月17日 髙橋志保先生                                      『鍼灸あマ師のためのアロマセラピー講座』〜基礎編/応用編〜

平成30年6月17日 髙橋志保先生                                      『鍼灸あマ師のためのアロマセラピー講座』〜基礎編/応用編〜

2018.04.16(月)

スキルアップ研修
『鍼灸あマ師のためのアロマセラピー講座』
〜基礎編/応用編〜

 

【講師】 髙橋志保 先生
     http://www.laestrellaroma.com/


【日時】 平成30年6月17日(日)

      ①基礎編:10~12時

      ②応用編:13~16時


【会場】 千葉県鍼灸マッサージ師会研修室

     千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階


【費用】 基礎編/会員・学生2,000円、一般3,000円

     応用編/会員・学生3,000円、一般4,000円


【定員】 40名  ※定員に達し次第締切


【申込み】千葉県鍼灸マッサージ協同組合 TEL:043-301-3489 H30.6.17研修会申込書


     


【基礎編】

日本では、美容・エステ・化粧品など女性的イメージが強く、漠然としたイメージが強いアロマセラピー(アロマ)。

アロマセラピー発祥国フランスや、先進国イギリス・オーストラリアでは、医療現場で活用され、患者のQOL向上に役立てられています。

そもそもアロマセラピーとは一体どんなものなのか、どういった効果をもたらすのか、国内外の症例を交えながら、鍼灸あマ指施術時でのアロマセラピーの有効性をお伝えします。

 

  1.アロマセラピーとは

  2.脳への香りの作用と、鍼灸あマ指施術時のアロマセラピーの有効性

  3.基本精油の紹介と、鍼灸あマ指治療院におけるアロマセラピーの導入例

 

【応用編】

「患者のためのアロマセラピー」と思いがちですが、実は施術者にも大きく関わってきます。脳への香りの作用を活かし、鍼灸あマ指の現場でどのように導入していけばよいのか。応用編では精油の禁忌を含む各論をメインとし、臨床の場で多い疾患を取り上げ、それぞれの症状に合った精油、治療への活用方法と環境づくりのためのアロマセラピーを学びます。精油はブレンドすることで相乗効果を得られるため、ブレンドモデルも紹介します。

 

  1.精油使用時の注意点及び禁忌について

  2.精油各論と症例別適正精油、及びブレンドモデル

  3.精油ブレンドの実践

 

 ※ 当日は基本の精油(エッセンシャルオイル)も購入できます。10ml 1,500円〜

 

 

【講師プロフィール】

アロマセラピスト

国際アロマセラピスト連盟(IFA)認定国際アロマセラピスト(日本代表)

日本アロマセラピー学会(JSA)会員

 

大学卒業後OLを経てアロマセラピストに転身。きっかけは駐在国シンガポールでの四季変化のない気候、年中高温多湿の環境下で、かつてない体調不良に見舞われる。心身ともにボロボロになっていた時に、アロマセラピーと出会いアロマセラピーの効果を実感。
自身の体調管理の一助として、ローカルスクールにてアロマセラピーを本格的に勉強する。
英国IFA、英国ITEC、米国NAHAの各アロマセラピストの資格を取得後、現地サロン及びイギリスにて研修を受け、2012年5月に帰国。2012年10月より東京でセラピスト業を再開。

インナービューティをモットーに心と体のためのアロマセラピーをご提供。文京区のサロンでトリートメントを行うだけではなく、プロアスリートのコンディションケア、専門学校講師、高齢者ケア施設でのアロマセラピースタッフ研修、企業でのワークライフバランス研修講師、アロマセラピー関連の翻訳や通訳なども行っている。

2017年、世界で美と健康をご提供する施設やセラピストを選ぶ『The 2017 Health, Beauty & Wellness Awards(2017年ヘルス、ビューティ&ウェルネスアワード)』において、『Best Health & Beauty Therapy Clinic(ベスト・ヘルス&ビューティセラピークリニック)』を受賞。

 

このページの上部へ