お知らせ

お知らせ、学術研修会や県民公開講座の記録など

トップページ > お知らせ > 第1回 学術研修会

第1回 学術研修会

2017.06.15(木)

 

第1回学術研修会のお知らせ

 

 

【日 時】平成29年7月2日(日)10:00~16:00

 

【場 所】県師会事務所 研修室     

 

      千葉市中央区新宿1-8-11 千葉新宿ビル3階

 

<午前の部>

 

【時 間】 10:00~12:00

 

【演 題】 『あはき師のための基礎から臨床応用への橋渡し研究』

 

【講 師】  石川慎太郎先生 昭和大学 医学部 生理学講座 生体制御学部門講師

 

【要 旨】  昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門では,統合医学の観点から,

      鍼灸マッサージの病態に対する治効メカニズムの探索,

      伝統医学における病態概念や診断法について免疫反応,血液性状,

      活性酸素動態,動物行動などの科学的な指標を用いて検証し,

      医療への応用を橋渡しすることを目標に研究を進めている。

      本講演では演者等の研究を中心に,

        (1) 東洋医学的な概念である“瘀血”について

               血液レオロジーという客観的な指標で表現する試み

        (2) 化学療法誘発性(抗がん剤使用後)末梢神経障害に対する鍼治療の可能性

        (3) 閉経後骨粗鬆症モデル動物を用いた骨代謝における

                       メカニカルストレスの影響

      について紹介する。

 

 

 

<午後の部>

 

【時 間】 13:00~16:00

 

【演 題『腰痛・腰下肢痛の診方と鍼灸マッサージ』

 

【講 師】  宮本俊和先生 筑波大学大学院人間総合研究科競技スポーツ医学分野教授

 

【要 旨】  腰痛・腰下肢痛は、鍼灸マッサージ受診者のもっと多い疾患である。

      診断名をみると、椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊柱管狭窄症

      があげられるが、最近、画像や血液や尿検査ではわからない非特異性腰痛が

      80〜90%を占めることが報告されている。

      また、鍼灸マッサージは、病態を把握して診断名に則した治療と腰の動きや

      歩行状態を改善する機能面からみた治療の両輪で行う必要がある。

      本講習では、これらの視点から実技を交えて講義する。

 

 

 

【交通機関】京成千葉中央駅から徒歩5分 JR千葉駅から徒歩12分

      JR本千葉駅から徒歩12分

 

【費  用】資料代 2,000円 弁当代 600円 飲み物(緑茶)100円

               ※お弁当が必要な方は参加申込み時にご注文ください。

 

※参加対象:有資格者および学生

 

※公益社団法人全日本鍼灸学会C認定講座共催研修会として

 学会認定ポイント(1×2ポイント

 

※視覚障害者の先生で誘導ご希望の方は申込み時にご相談ください。

 

※参加につきましては県師会事務所に6月27日(火)までにお電話又はFAXください。

 

 電話:043-301-3489 FAX:043-301-3499

 お問い合わせ:元吉携帯 090-8052-8459

H29.7.2学術研修会申込書

 

このページの上部へ